Free delivery for minimum purchase €50,00

My account

KaLOHAS+ 生理活性グリーンケールで健康な生活を

健康について
栄養素について

ケールは日々の摂取で健康を維持するための数多くの生理活性物質、ビタミンや、ミネラルを含んでいます [1]

以下に科学的根拠があります:

酸化ストレスと戦う

グリーンケールは他の緑黄色野菜と同様にビタミンC、ベータカロチンなど、多くの抗酸化物質を含んでいます[2]。 抗酸化物質は酸化的損傷を防ぎ、また打ち消すことにより免疫システムのバランスをとるのを助ける物質です[3]。グリーンケールには2つの植物化学物質であるケルセチンとケンペロールが多く含まれています[4]。 実際、グリーンケールは、ジャガイモ、トマト、サヤインゲン、ほうれん草、ブロッコリー、ルバーブ [5]、や、カリフラワー、キャベツ、芽キャベツ[6]よりも高い抗酸化作用を持っています。

高血圧、炎症状態、アテローム性動脈硬化症(血管の硬化)、糖尿病、心臓病、癌、およびパーキンソン病やアルツハイマー病などの神経変性疾患など、酸化による損傷は、老化や他の多くの健康問題を引き起こすと考えられています[7]。

グリーンケールは、優れた抗酸化作用により、免疫力のバランスを取り、損傷した細胞を修復し、疲労を和らげ、心臓血管系を保護し、自然に老化を遅らせるのに役立ちます。



コレステロールの軽減と心臓病の予防

体内のコレステロールには、HDLコレステロールとLDLコレステロールの2種類があります。 LDLは「悪玉」コレステロールとも呼ばれ、血管に蓄積して血管を狭くし、血液を流れにくくします。心臓への血流が遮断されると、狭心症(胸痛)または心臓発作を起こします。 HDLは「善玉」コレステロールと呼ばれ、血液から「悪玉」コレステロールを取り除くことで心臓病を予防します [8]。

グリーンケールの食物繊維と植物化学物質は、コレステロールを軽減することを期待されています。グリーンケールは、ほうれん草、芽キャベツ、ブロッコリー、カラシナ、キャベツ、青ピーマン、コラードなどのさまざまな野菜の中で、コレステロール値を低下させ、心臓病のリスクを下げる可能性が最も高いことがわかっています[9]。実際、ある研究によると、グリーンケールジュースを12週間毎日飲むと、HDLコレステロール値が27%増加し、LDLコレステロール値が10%低下するため、心臓病のリスクが減少すると同時に、体の抗酸化状態が改善されることがわかりました [10]。

さらに、グリーンケールはカリウムやさまざまなビタミンも豊富に含みます。正常な血圧と心臓の健康を維持するのにも役立つビタミンC。発表された論文によると、心血管系への影響についてさまざまな野菜を比較した結果、緑黄色野菜とアブラナ科の野菜の摂取が心血管系に健康をもたらす可能性があることが分かりました[11]。

 

グリーンケールは低カロリーで食物繊維、生物活性化合物、ビタミン、ミネラルを多く含むため、ダイエットや糖尿病患者の食事にも最適です。

太りすぎの人は、2型糖尿病のリスクが高くなります。インスリンは、正常な血糖値を維持するための体内のタンパク質です。 2型糖尿病になると、体はインスリンに対する感受性を失い、正常に反応できなくなり、血糖値が上がり続け、高血圧やさまざまな心臓、腎臓の病気のリスクを高めます [12]。

食物繊維は、ダイエットに最も重要な栄養素です。研究によると、エネルギー摂取量を増やすことなく満腹感を感じることができる。つまり食べすぎを防げるため、体重管理と太りすぎの予防に最適です。食物繊維の摂取量が多いと、血糖値が安定し、糖尿病のリスクが低下します[13]。

さらに、科学者たちは最近、グリーンケールの植物化学物質がGLP-1と呼ばれるタンパク質を生成するのを助け、満腹感を与えるだけでなく、インスリンへの感受性を改善し、太りすぎや2型糖尿病の予防を可能にすることを発見しました[14]。

減量/Ⅱ型糖尿病の予防と自然治癒

骨密度の低下を防ぐ

グリーンケールは、カルシウムとビタミンKの含有量が高いため、骨に良い食品の1つです。骨の健康に関してグリーンケールは、高齢者、特に閉経後の女性に効果があります。

カルシウムは骨と歯の主成分であり、体を機能させ続けるのに必要な栄養素です。適切なカルシウム摂取は、すべての年齢の人々、特に子供や高齢者に良い効果をもたらします。子供は成長する体の骨を作るためにカルシウムを必要とし、高齢者は骨を健康な状態に維持するためにカルシウムを必要とします。

体の骨は実際に絶えず変化しており、古い骨は取り除かれ、新たな骨細胞に置き換えられます。食事から十分なカルシウムがない場合、新しい骨を作れなくなります。時間の経過とともに、骨の密度は低く、脆くなり、骨粗鬆症と呼ばれる骨折を起こしやすくなります。閉経後の女性は劇的な骨量の減少を経験し、骨粗鬆症悩む方も多いのですが、男性も起こり得ます[15]。

グリーンケールはカルシウムが豊富で、骨粗鬆症の予防に役立ちます。カルシウムといえば牛乳というイメージがありますが、グリーンケールはグラムあたりのカルシウムを牛乳よりも多く含んでおり、体の吸収も速いといわれています [16]。菜食主義者やヴィーガン、牛乳が好きでない、また乳糖不耐症の方であれば、グリーンケールはカルシウムの摂取に最適です。

ケールには、骨量減少を防ぐのに重要なビタミンKも豊富に含まれています。ビタミンKは食事からカルシウムを吸収し、尿からのカルシウム排泄量を減らす働きをします。研究によると、ビタミンKの摂取が不十分だと骨折のリスクが高くなり、ビタミンKの補給は閉経後の女性の骨の健康を維持するのに役立ちます[17]。グリーンケールを摂取することで、十分なカルシウムとビタミンKを同時に摂取できるため、骨の健康が維持できます。ある研究では、グリーンケールジュースを1日1回24か月間服用すると、閉経期の女性の骨量が安定することがわかりました。したがって、骨粗鬆症を予防するための選択肢としてグリーンケールを摂取することが示唆されています [18]。

 

目の健康維持

現代の生活は目に様々な影響をもたらします。パソコンやスマートフォン、ゲーム機を長時間見つめると目が疲れやすくなります。デジタルデバイスは、小さな文字に集中する必要があり、まばたきが少なくなる傾向があります。目が疲れると、目の乾燥/涙目、充血/かゆみ/炎症を起こした目、光過敏症、目のけいれん、かすみ目または複視、頭痛を引き起こす可能性があります[19]。 グリーンケールには大量のベータカロチンが含まれており、体内でビタミンAに変換されて、目の疲れを防ぎ、緩和するのに役立ちます。

目は特にビタミンAのバランスに敏感です。ビタミンAが少ないと、感染に対する抵抗力が弱くなるとともに、上述の目の問題を引き起こし、さらには失明につながる可能性があります。ビタミンA欠乏症に最も気を付けなければならないのは子供と妊婦です [20]。ブロッコリー、キャベツ、カリフラワー、芽キャベツなどの他の野菜と比較しても、グリーンケールは体内でビタミンに変換できるベータカロチンを最も多く含んでいます [21]。したがって、グリーンケールはビタミンA欠乏症のリスクが高い人や、目の疲れに悩む人に適しています。

加齢性黄斑変性症(AMD)

一方、老化に抱える最も一般的な問題の1つは、視力の低下です。加齢性黄斑変性症(AMD)は、高齢者の失明の主な原因です。これは網膜の変性疾患であり、ゆっくりと進行する視覚障害の原因となります。ルテインとゼアキサンチンは目の健康に必要なカロテノイドです。これらは「内なるサングラス」として機能し、光、特に青色光による損傷から網膜を保護します。ルテインとゼアキサンチンが多く含まれた食事の摂取がAMDから保護することを示唆されています[22]。

グリーンケールはルテインを豊富に含み[23]、含有量はパプリカ、レタス、キャベツなどの他の野菜よりもはるかに高いです[24]。 ある研究では、グリーンケール抽出物を4週間摂取すると、網膜のルテイン、ゼアキサンチン値が大幅に上昇し、青色光による損傷を軽減する能力が向上することがわかりました[25]。

øje

その他の健康効果

 腸の健康

グリーンケールやその他のアブラナ科の野菜は、伝統的に腸の問題を治療するために利用されています。食物繊維の含有量が高いため、胃潰瘍や消化性潰瘍などの腸の健康、炎症性腸疾患(IBD)に効果が期待されています[26].

運動、スポーツ後の電解質サプリメント

カリウムの含有量が高く、グリーンケールジュースは運動前後の電解質サプリメントとして非常に適しています。豊富なビタミンCは抗酸化作用が高く、運動後の酸化ダメージを軽減し、倦怠感からの回復を早めます。さらに、グリーンケールはカロリーが低く、GI値が低いため、エネルギーの過剰摂取を防ぎます。

肌や髪への効果

ビタミンCは皮膚に高濃度で含まれており、コラーゲンの合成をサポートし、紫外線によるダメージから肌を保護する抗酸化作用があります[27]。ビタミンAは肌の炎症の治癒の促進作用があります[28]。グリーンケールに含まれるさまざまな豊富なビタミンやミネラルと共に、ビタミンAとCの含有量が高いと、肌と髪の健康を維持するのに役立ちます[29]。

KaLOHAS+ グリーンケールの栄養素

グリーンケールは、アブラナ科に属する緑黄色野菜です。 グリーンケール / KaLOHAS +は、低脂肪、高タンパク低カロリー、ビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンA、K、カルシウム、カリウムなどさまざまなビタミン、ミネラル、生理活性化合物を含みます。

グリーンケールの摂取は必須栄養素を食事に取り入れるのに優れた食材です。

低カロリー低脂質

グリーンケールは低カロリー、低脂質です。また、GI値が非常に低い食品であるため、食後の血糖値は上昇しにくいといわれています。臨床試験では、低GI値の食事が糖尿病患者の血糖値を改善し、インスリン感受性を高め、体重を減らし、LDLコレステロール値を下げることが示されています[1]。

したがって、グリーンケールを食べることは、減量したい人だけでなく、糖尿病や高コレステロールに悩む人にも役立ちます。

食物繊維

グリーンケールは食物繊維が豊富です [2]。食物繊維は、便秘改善に効果があると知られていますが、高繊維食が以下にも役立つことがわかりました[3]:

  • 血中LDLコレステロール値を下げ、心血管疾患や冠状動脈性心臓病のリスクを下げます
  • 血糖値を調節し、糖尿病のリスクを低下させます
  • カロリー摂取量を増やすことなく満腹感を与え、体重を減らし、肥満を防ぎます
  • 炎症性腸疾患の症状を軽減し、結腸の健康を改善します

ビタミン、ミネラル

グリーンケールは、ビタミンA(ベータカロチン)、ビタミンC、ビタミンK、葉酸、リボフラビン、カルシウム、カリウム、マンガンを豊富に含み[4, 5]、含有量はブロッコリー、カリフラワー、コラード、キャベツ、芽キャベツを上回ります[6]。また、体に必要な様々なビタミンやミネラルをたくさん含んでいます。

ビタミン A

グリーンケールには豊富なベータカロチンが含まれています。ベータカロチンは体内でビタミンAに変換することができます。食品中のビタミンAの含有量は多くの場合、そのベータカロチン含有量から計算され、ビタミンAと同等として表されます。ビタミンAは、正常な視力を維持するのを助け[7]、皮膚の創傷治癒を促進し[8]、また免疫システムの維持を助けます[9]。

ビタミン K

グリーンケールはビタミンKも非常に豊富です。1回の摂取で1日の必要量の30%以上をカバーすることができます。このビタミンは血液凝固と骨の健康に必要不可欠な栄養素です[10]。

リボフラビン

リボフラビンは体の重要な役割を果たします。抗酸化作用と神経保護作用のある栄養素であり、パーキンソン病、片頭痛、多発性硬化症、貧血、癌、高血糖、高血圧、糖尿病、酸化ストレスなどのさまざまな健康疾患に効果があります[11]。

カリウム

カリウムの最も重要な機能は、体液のバランスと正常な血圧を維持することです。カリウムが少なすぎると、体が水分を調節できなくなり、血圧が上昇し、腎臓結石を引き起こす可能性があります。また神経系に非常に重要で、筋肉と心臓の収縮を調節し、脳卒中に効果があります。 [12]

マンガン

さまざまな生物学的活動に必須の栄要素であり、代謝、骨形成、そして特に神経疾患に効果があります[13]。

 

ビタミン C

グリーンケールは他のほとんどの野菜よりもビタミンCが非常に豊富です。ビタミンCは壊血病の予防に不可欠であり、正常な身体機能を維持するための鍵であり、アスコルビン酸とも呼ばれます。最も強力な抗酸化物質の1つであり[14]、 酸化ストレスから体を保護し、病気や倦怠感からの回復を早め、心臓病、脳卒中、癌の予防に役立ちます[15, 16]。 皮膚には高濃度のビタミンCも含まれており、コラーゲン合成を刺激し、紫外線による炎症から肌をを保護する抗酸化作用を持ちます[17]。

葉酸

葉酸は健康、成長、生殖機能に必要不可欠な栄養素です。特に、妊娠中の赤ちゃんの神経管閉鎖障害を防ぐことができます[18]。

カルシウム

グリーンケールは、1グラムあたりのカルシウムをミルクよりも多く含むだけでなく、体が吸収しやすい特徴を持ちます[19]。カルシウムは骨と歯の材料であり、筋肉と同様に体を強く保ちます。カルシウムは子供の骨の成長のために、そして閉経後の女性と高齢者の骨粗鬆症の予防のために有効です[20, 21]。

健康を促進する植物化学物質の供給源として

グリーンケールには、数多くの必須ビタミンやミネラルに加えて、カロテノイド、ポリフェノール、グルコシノレートなど、健康を促進する植物化学物質(植物由来の化学物質)が豊富に含まれています[22]。

is an innovative small company that, with awe, works and believes in the need to continue the ancestral proud traditions of using original, plant-based, functional raw materials in the treatment of today's natural lifestyle diseases.
Statutory statement: the statements contained herein are not considered health claims by the authorities. Users should conduct their own legal and suitability studies to ensure compliance with all national requirements. These statements have not been evaluated by the US Food and Drug Administration. The products are not intended to diagnose, cure or prevent any diseases

Contact

Telephone: +45 28 19 84 01
E-mail: ulla.andersen@green-gourmet.dk
Address: Fyrrevaenget 13, 8920 Randers, Denmark

Shopping cart
There are no products in the cart!
Continue shopping
0
linkedin facebook pinterest youtube rss twitter instagram facebook-blank rss-blank linkedin-blank pinterest youtube twitter instagram